So-net無料ブログ作成
音楽鑑賞 ブログトップ
前の10件 | -

関西グスタフ・マーラー交響楽団 [音楽鑑賞]

月曜日は音楽鑑賞。

滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール関西グスタフ・マーラー交響楽団の演奏会。もちろんマーラー。先ずは葬礼。聴いたことも無いし予習もしてなかったけど聞くところによると交響曲第二番第一楽章とそっくりとのこと。聴いたらやっぱりそっくり。聴きなじみのある音楽だった。(^○^)

そしてメインは大地の歌。これは若い時から聞き倒してるので余裕。この楽団、プロオケではなく、市民オケ。でも、レベルが高い。今回はテノール、アルトはプロ。声量も表現力も素晴らしく演奏が引き締まる。さすがに第六楽章がこちらも疲れてきたけどとても満足。大好きな大地の歌を始めて生で聴けました。\(^o^)/
cONTnRfLle8Zk6N5.jpg
9OMwpyoRG9fROKRv.jpg
YW9GiJWPQOeSgC6O.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

四月は君の嘘 [音楽鑑賞]

何がきっかけだったか、アマゾンプライムビデオでアニメ「四月は君の嘘」にはまる。ストーリー的にはかなり辛い展開。ただ、演奏シーンの表現が素晴らしい。ほとんどの曲がフル演奏。音楽物にはまるのは「響けユーフォニアム」以来。エンディングが見えてきて先に進みづらくなるも、何とか見終わった。最終回、観たくなかったんだけど、観終わってみれば綺麗なエンディングだった。
で、漫画も読みたくなって中古だけど全巻大人買い。しばらく余韻に浸りそうだ。(^^ゞ
IMG_20190630_201043_DxO.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

近江の春 びわ湖クラシック音楽祭2019 [音楽鑑賞]

GW序盤、今年も行きました、近江の春 びわ湖クラシック音楽祭2019。

初日27日土曜日は夜のかがり火コンサートでモーツァルトのレクイエム。
ただ、荒れ模様の天気。冷たい雨に強い風。ダウン持ってたけど雨はさすがに。って思ってたら早々に会場が屋内に変更になってた。別にかがり火にこだわりがあるわけでは無かったので助かった。

びわ湖ホールとなりのピアザ淡海のピアザホール。初めてだったけど、屋内に比べたら段違いに音響も良く、当然寒くも無く楽しめました。(^O^)
KYbHitjywbRO89RX.jpg
H1qP40KKXOP8SJhg.jpg

二日目、28日は大ホールで二つ。
どちらも大フィル。先ずはベルリオーズの幻想。若い時に夢中になりました。でも、生で聞いたのは初めてかも。良かった。ほんとに良かった。鐘、どうするのかと思ってたけど、後から知ったんですが、鐘はシンセだったみたい。でも、聴いてた時はどこに鐘があるんだろうって思いました。_(^^;)ツ アハハ
rwC6o16CSwLjPQig.jpg
ztw1toIFMTZX3GHQ.jpg

続いてラフマニノフのピアノ協奏曲3番。
いやー、癖のあるピアノだった。止まるんじゃないかと思ってしてひやひや。スリル満点。指揮は大植英次。見事にさばいてました。

そしてラヴェルのボレロ。あれだけ大編成でのボレロは初めて。物凄い盛り上がった。最高でした。
LH1VnczDDkHDOyf1.jpg
inpDxZBrhCLvc1Hc.jpg

次はいつ聴きに行けるかなぁ。お金ないしなぁ。こういう音楽祭って助かります。(^^ゞ
nice!(0)  コメント(0) 

チェンバロ演奏会 [音楽鑑賞]

土曜日、お昼に守山市民ホールでミニコンサート。
テレマン室内オーケストラのチェンバロ奏者のリサイタル。
ワンコイン500円。超お得。

始めに琵琶湖博物館の学芸員っぽい人が琵琶湖岸の芦原の歴史をプレゼン。
そして演奏会。先ずクープラン。なんとなくこじつけっぽく葦。(^○^)

続いてバッハのパルティータ、メインはイタリア協奏曲。
アンコールはゴルトベルク変奏曲の最初のアリア。

何だか超お得なコンサートでした。
akFLFX2j1meDuSZ7.jpg

その後は少し遅くなったけど京都大原へ桜ドライブ。
もうお寺に寄ったりする時間は無かったので街道沿いの桜を楽しみ、土井のしば漬け本店で試食。桜を軽く観てとんぼ返りしてきました。(≧∇≦) ぶぁっはっはっ!!!
NmFjxbnevmEEpsGg.jpg

タグ:チェンバロ
nice!(1)  コメント(0) 

ニューイヤーコンサート [音楽鑑賞]

ウイーンリングアンサンブルが来る。
昨年秋ごろに気付きチケットを即買い。
KMXz1dt9tsz79o8Q.jpg

元日の夜。毎年恒例のNHKのウィーンフィル・ニューイヤー・コンサートのライブを観たらゲストにライナー・キュッヒルが出演されていた。ウイーンフィルは定年退職されているが、リングアンサンブルは率いているんだから当然現役。一気に気持ちが盛り上がる。

そして5日、いずみホール。実は私は初めて。ウイーン楽友協会ホールにそっくり。確かに煌びやかさではまったく足元にもおよばない感じだけど重厚さ、クラシックに特化した残響。まさにウイーン音楽やバロック音楽専用ホールと言える。
dQaB4EWVOWAIdQtr.jpg
d4brCxc8zMSztoZp.jpg

そしてそこにウイーンフィルを凝縮したようなライナー・キュッヒルを中心としたアンサンブルが。
前回に観たのはもう20年ほど前。本当にまた鑑賞できるとは。
u1h3bibxNgA6aSSE.jpg

良かったです。小編成なアンサンブルですが、それぞれのパートが一人ずつとは思えない重厚さで。中途半端に大人数なオーケストラと違い、それぞれがソリストレベルのメンバーでハーモニーが美しい。

大好きな天体の音楽、メンデルスゾーンメドレーではバイオリン協奏曲のソロパートをキュッヒル氏で聴けたし。当然、アンコールは美しく青きドナウ、そしてラデッキー行進曲。手拍子も完璧。素晴らしい時間を過ごせました。
sg9cGv8V35zLqFIe.jpg

キュッヒルさん、なんか思ってたよりもお若い。10歳しか離れてなかった。また来日してくれるかな。o(^-^)o

nice!(0)  コメント(0) 

今年も第九deクリスマス [音楽鑑賞]

クリスマスイブ、昨年に続き今年も第九deクリスマス。ザ・シンフォニーホールで延原武春指揮テレマン室内オーケストラ。
第一部はこうもり序曲、そしてベートーヴェン第九。ハイスピードなテンポに一瞬戸惑うが、そうそう、このスピードが延原武春指揮だったと思い出す。すぐに心地よくなる。普通のペースが遅すぎ。
第二部はテレマン、コレルリ、ヴィヴァルディ。相変わらずのバロック。そして徐々にクリスマス色に。楽しいクリスマスイブの夜でした。\(^o^)/
dSAzHl27u4WjEYco.jpg
PpuPKxVH3Ng6YlaH.jpg
1cHRKqVZ687L1ixJ.jpg
jDYgT22xZmd9RC7P.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

真夏の夜に咲く弦楽の調べ [音楽鑑賞]

土曜日はひさしぶりのクラシックコンサート。
大阪市立美術館のホールで。
テレマン室内オーケストラの室内楽。

ひさしぶりに天王寺に。天王寺公園がとてもきれいに生まれ変わってた。
テンシバ?とか言う芝生広場を中心にたくさんのお店が。
BBQとかも盛り上がってていい感じだった。

コンサートは夜7時から。
延原武春指揮でテレマンの協奏曲。
そしてカノン、アリアと有名どころが続き、そしてなんと延原武春のオーボエで協奏曲。
なんか得した気分。(^○^)

休憩をはさんで第二部はヴィヴァルディの「四季」全曲。
なんかひさしぶりに聴いたというか、全曲、聴いたことあったのかなぁって感じ。
もしかしたらハイライトばかり聴いてたのかも。
アンコールは「ひばり」浅井咲乃のお約束のアンコールなんだろうなぁ。

こういう何気ないスペースでの室内楽。もっと気楽に聴けたらいいなぁ。
とは言ってもハラハラドキドキなアマチュアな演奏は聞きたくないし。
テレマン室内オーケストラの追っかけになりそうです。(^^)v
yf2a51stHeeXgTrx.jpg
vXJV5hi7RVPGNhbx.jpg
tzk3wgpu86qph3Ik.jpg
IFdEAJ1CyXQenD8N.JPG
SWkQEgTEPlG0o72P.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

びわ湖クラシック音楽祭 [音楽鑑賞]

そうそう、GW後半、びわ湖クラシック音楽祭に行った。
ラ・フォル・ジュルネびわ湖は昨年で終了。どうなるかと思ってたけどクラシック音楽祭は残ってよかった。いつもは大ホールや中ホールの演目を中心に聴いていたが、今年は目ぼしいのが見当たらず、湖上コンサートと屋外のかがり火オペラに絞る。

先ずは湖上コンサート。大津港でミシガンチケット売り場に並ぶも変な感じ。予定時刻はミシガンはすでに湖上。?(゚_。)?(。_゚)? なんと今年はミシガンでは無くビアンカとのこと。なるほど。初ビアンカ。(^○^) ビアンカは観光船と言うよりはイベントやパーティでの使用がメインらしい。とても静かで気品がある。クラシック音楽に合ってるかも。個人的には観光気分満載のミシガンの方が好きかな。(^^ゞ
lw1tud5LxLyGiOqO.jpg
KR5hwW7lBnMfMw0R.jpg
40NqavQwdnB5FLif.jpg
mJ6M9p8WSZEKuxDj.jpg

日暮れとともにかがり火オペラ。イギリスバロックオペラの記念碑的作品「ディドとエネアス」初めて観ました。会場を外から眺めたときは小さなテントでちょっと心配な気分に。さすがに演奏は音源かなぁって。
6時半開場。椅子に座って眺めると、テントステージ右側にごちゃごちゃと椅子とか機材とかが雑然と。よくよく見たらオケピット。しかもチェンバロが。本気度が分かって急に気分が盛り上がる。(^○^)

開演に際し、滋賀県副知事や音楽監督によるかがり火の点火式など、いろいろと力が入ってる。
OgIvAoz01BRjpDGR.jpg

オーケストラが入ってきて音合わせを聴くとリュートやチェンバロだけでなく、ほかにも古楽器がたくさんありそう。まさにバロックオペラ時代の古楽器オケ。
sVlhsts8zN1HbJKC.jpg

出演のびわ湖ホール声楽アンサンブルのメンバーも良かった。さすがに衣装はイマイチでしたが、そんなことはどうでもいい。コンパクトなステージにアイデア満載。予想外、予想以上にとても楽しめました。
fdtJSNu0015Xi038.jpg

びわ湖クラシック音楽祭、来年以降の開催も期待できそうです。
nice!(1)  コメント(0) 

第九deクリスマス [音楽鑑賞]

日曜日はひさしぶりに大阪ザ・シンフォニーホールに
kgxeImdQR8.jpg

「第九deクリスマス」
延原武春指揮、テレマン室内オーケストラ、実内合唱団。
Vu4fMX6pp1.jpg

第一部がベートーヴェン第九。ベートーヴェンのメトロノーム指示通りの演奏。
とってもスピーディで軽快。これを聴いてしまうと通常の演奏が物足りなくなる。

第二部はテレマン室内オーケストラの得意とするバロック。
バロック好きなのでこれもまた存分に楽しめた。
いいクリスマスイブを過ごせた。

今朝は寒さは一段落。でも、少し時雨。何とか自転車出勤。

昼になってもすっきりせず。僅かに時雨れ。西北西の風が強い。基本往路が追い風、復路が向かい風。気温は上がらないけど夜冷え込まなかったのでかなり楽。

いつものようにルモンタウンから登り、下りは金勝寺、こんぜの里方面に下った。
LlYVa5M6KD.jpg
7lsi6cIPxu.jpg

月曜日の午前はだるい。特に中三日はかなりグダグダ。走り出すのをためらうほど。でも、走ってしまうとすっきりと復活する。ほんと、不思議なものだ。_(^^;)ツ アハハ


nice!(0)  コメント(0) 

小林研一郎 [音楽鑑賞]

土曜日は大阪シンフォニーホールへ。

DSC_4976_DxO.jpg

「小林研一郎 炎のタクト!」すごいタイトルだなぁ。(^O^)

DSC_4980_DxO.jpg

及川浩治のピアノでラフマニノフ2番。そしてチャイコフスキーの4番。

DSC_4981_DxO.jpg

おおらかでゆったりと壮大で。でも、張り詰めた緊張感も。それでいて熱く燃えている。楽しかったです。

そのあとは大阪駅のビアホール、エキベーコン。これが私のお約束。

DSC_4987_DxO.jpg


じん帯断裂後、弱点になってる右ひざ。なのにこの一週間右キョンを使うケーブ課題ばかり攻めて右ひざに違和感。痛みはないけど緩い感じ。
その課題も何とか昨日終わったし、しばらくは右ひざを労わらねば。まぁ、自転車は問題なく乗れるので普通に昼トレ。

ルモンタウンから登り初め、今日から登れるはずの金勝林道を目指す。が、やっぱり開通してない。今回は日時延長も無し。あとちょっとって感じなのかなぁ。

DSC_4993_DxO.jpg

とりあえず県道12号にでてこんぜの里へ登る。園内のサクラ、蕾は膨らんできたけど咲くのはまだ少し先かな。

DSC_4994_DxO.jpg

で、どうするか。結局そのまま県道を登り、心行路林道を登ることにした。金曜日と同じだけど。
登り切る直前に少し開けてるところがあるのを忘れてた。なんで先週は見えてなかったんだろう。標高ばかり気にしてたかな。一瞬だけど。

DSC_5000_DxO.jpg

落ち葉に雨で少しスリッピー。ロードも考えたけど下りはやっぱりMTBの方が安全そうだ。

前の10件 | - 音楽鑑賞 ブログトップ